みんなの憧れ、海辺での結婚式

海外ウェディングに憧れを持っている人は多いはず。特に海辺でのリゾートウェディングが夢だという人も少なくないのではないでしょうか。夢を形にできるリゾートウェディングは、一生の思い出になるだけではなく、二人の絆をより深めてくれるはずです。海外で結婚式を挙げる際やはり気になるのが言葉の壁。国内での打ち合わせは当然日本語ですが、問題は現地に着いてからです。スタッフとの意思疎通ができないとせっかくの結婚式に後悔を残すことになるので、言葉が気になる場合は付添スタッフや通訳がいるか、あるいは日本語が通じる現地スタッフがいるかをしっかり確認しておきましょう。また、会場の下見ができないので、パンフレットなどの資料を読み込む必要もあります。

リゾートウェディングの意外なメリット

手間がかかる印象があるリゾートウェディングですが、実は国内挙式にはないいろいろなメリットがあります。まず意外にも費用が安く済むという点。多くのゲストを招く国内挙式と違い、海外挙式は身内だけで行う場合がほとんどなので、低予算で済ませられるのです。旅費はかかりますが、パーティがアットホームなものになるのでトータルで安くなるのです。そのまま海外旅行ができるというのも大きなメリット。海外挙式を行った新郎新婦のほとんどが、そのままハネムーンを過ごしています。それもトータル費用を抑えるポイント。また家族を海外旅行に連れて行ってあげたい、お互いの家族と交流したいというカップルにとっても、リゾートウェディングはおすすめなのです。

パパママ婚はファミリー婚とも呼ばれ、自分の子供を伴って行う結婚式を意味します。子供と一緒に結婚式を挙げることで家族の絆を深める効果があります。